【11月キャリコン実践会・開催レポ】売ることよりも、仕掛けをつくること!〜オンラインコミュニティとは?〜

11月28日(水)、
キャリコン実践会おなじみの第4週水曜日夜に
「キャリコン実践会」を開催しました。

9月のスタート以来、3回目の開催となり、
なんと3回連続ご出席の方から、
お友だちの紹介で、、、と来てくださった方など、

会場とオンライン合わせて30人以上がご出席くださり、
回を重ねるごとに盛り上がっていく実践会の輪に
始まる前からドキドキする気分でした^^

今回のテーマは、
キャリコンラボ主宰・岩橋ひかりのこれまでの活動での
本丸とも言える「コミュニティ」について。

キャリアカウンセリングといえば、
1対1が鉄則!!!
というように言われていますが、

自分がサポートしたクライエントの方々にとっては、
必ずしも1対1がベストというわけではないこと。

そもそも、キャリアカウンセリングとは、
クライエントがキャリアを形成できるように伴走すること、
クライエントが理想の状態に向けて行動できるようになること、
が目的なので、
そのための仕掛けを考えることが一番大事なのです。

キャリアコンサルタントとして独立、
を考えたときに気になる、
いわゆる、収入、集客、、、などの面でも、

ビジネスとして持続させ、成長させていける、
また理想的なお客さまと出会い続けていける、
という点から「コミュニティ」というのは1つの有効な考え方です。

セミナーでは、まず、
・コミュニティとは何か?
・どうやってつくっていくのか?
・どうやって持続させていくのか?
を体系的にお伝えしました。

実際に岩橋が運営していた、
オンラインキャリア講座とそのコミュニティの様子を
コンテンツとともにお見せしたり、
実際にコミュニティメンバーの声をシェアしたり、

今回もキャリア実践会らしく(?)
「包み隠さず」お伝えしていきました。

最後には、参加者の皆さまから質問が矢継ぎ早に飛び、
大質問大会といった様子に^^

コミュニティを実際にゼロから立ち上げ、
2年近く運営してきて今に至る岩橋からは
即実践できるコミュニティ運営のツボについて
いつもの太っ腹精神でお答えし、

会場・オンライン、参加者と講師が一体となって
盛り上がっていたのがとても印象的でした!

会場、そしてオンラインから、
国内外各地からご参加いただきました皆さま、
どうもありがとうございました!!

〜キャリコン実践会・参加者の声をご紹介〜

今回もセミナー終了後、参加者の方々が
続々とブログなどで発信したり、メンバー専用のページで
コメントしてくださいました。

以下、ご紹介させていただきます。(一部抜粋させていただいております)

================
「本日は、惜しみなく運営の裏側をお伝えくださり、すごくすごーーーく刺激を受けました。なにより岩橋さんが楽しそうにやってるのが印象的でした!」(長野県・オンライン参加・女性)

「キャリコンというと1対1のサービスが主流だと思っていましたが、その考え方自体すごく固定概念に縛られていたなとハッとしました。」(会場参加・女性)
>>ブログ:【レポ】岩橋ひかりさんのキャリコン実践会に参加しました!

「さすが苦労されて改善に改善を重ねられたノウハウ!惜しみなく出される岩橋さん!目的である「クライアントが変わること」が実現できたら、手段は問わないということよくわかりました!」(会場参加・男性)

「一対一でカウンセリングをする事が全てではなく、大切なことはクライアントが変わる事。この本質を、再確認のような新しい発見にも近い感覚で捉える事が出来ました!」(会場参加・男性)

「今はキャリコン資格を目指していますが、その先の活動の選択肢だったりキャリコンとしてのベースとなる考え方として、視野が広がった時間でした。」(山口県・オンライン参加・女性)

「コミュニティを使っての新たな取り組み、今後の活動のヒントになりました!ありがとうございました!今後の勉強会も楽しみです」(福岡県・オンライン参加・女性)

「オンラインキャリコンの神髄はコミュニティ運営にあり。大変勉強になしました!目の前のクライアントのためになることをし続けた結果、その仕組みが出来上がったというところが素晴らしいと思いました。」(会場参加・男性)

「オンラインコミュニティでキャリア支援はめずらしいと思うのですが、そのノウハウをたっぷり教えていただきました。」(バンコク・オンライン参加・女性)
>>【レポ】相互支援型オンラインカウンセリングコミュニティの作り方

「他者との関わりが多ければ多いほど自己理解が深まる!これがコミュニティでキャリア支援を行う最大の効果。」(栃木県・オンライン参加・女性)
>>『キャリコン実践会参加レポ:コミュニテイ型キャリア支援って素晴らしい!』

=========
皆さま、ありがとうございました!