【開催レポート】地域それぞれ知らないことだらけ?!〜独立系キャリコン勉強会#1〜

11月27日夜、キャリコン・ラボで初めて主催する「独立系キャリコン勉強会」を開催しました。

今回の勉強会は、「地域を元気にするキャリア支援活動の始め方〜女性特有のライフイベントに即したキャリア支援〜」と題して、栃木県で活動している鎌田淑江さん、長野県で活動している齋藤麻実さんの事例を紹介を通じて、参加した方がそれぞれの活動に即実践できる学びを得てもらうことが目的の勉強会です。

東京恵比寿の会場を拠点に、オンラインをつなぎ、東京の方はもちろん、北海道、群馬、茨城、静岡、愛知から8人の方にご参加いただき、それぞれの地域におけるキャリア支援活動の様子を知れた有意義な時間でした。

そんな勉強会の様子をレポートします。

スクリーンショット 2019-11-21 15.39.55

目次

1)初めての仕事ってどうやってスタートするの?

2人とも予期せぬタイミングで独立することになったという経緯があったそうですが、齋藤さんはFacebookで「こんなことがやりたい」ということを発信したところ、それを見た知人に声をかけられて最初のキャリア支援活動がスタートしたそうです。

一方の鎌田さんは、まずはあれこれ興味の向くままに色々な活動に取り組んでみて、自分に合うスタイルを見極めていったそう。それから、県の委員の活動は、たまたま県のWebサイトを見ていたところ公募しているのを見つけ、応募し就任が決まったとのこと。

おふたりともまさにプランドハプンスタンスです。

県の委員などは、信頼感を持ってもらえたり、地域の業界トップの方と知り合えたりすることがあったりするらしく、色々な可能性につながりそうだと感じました。

「そんな募集をしてるんだ!知らなかった!!」という方がほとんどでした。(その場でご自分の自治体の募集を調べていた方も)

画像2

2)不安はどう乗り越えたの?

セミナー講師をやったことがなかったとしても、会社員時代にプレゼンをした経験があったことが自信になっていたり、会社員時代にはできなかったような好きなことをやれることが楽しくて、そんなに不安もなかったというおふたり。

自主開催セミナーをするにあたっては、まずは地域のママたちが開催している講座に受講者として参加し、知り合いやつながりを増やして、徐々に自分の活動を知っていってもらったりなど地道な行動をしていたからこそ、不安を感じる間がなかったのかもしれません。

3)それぞれの地域で感じていること

鎌田さん、齋藤さんともそれぞれが住む地域において、大都市と比べると「自分らしく働く」ことがまだまだ一般的ではないと感じている、と話されていました。

ですが、働く人がいればそれだけ働くことに関する悩みもあるもの。それぞれの地域において求められることを開拓し、地道な活動をされているそうです。

画像3

4)地方に住んでいることのメリットデメリット

地方ならではの最大のメリットは、大都市に比べて活動を認知してもらいやすいという点です。まだまだ「キャリア支援」という活動をしている人も少ないため、活動に新規性が感じられやすく地域のメディアに掲載されたりする確率が高いそう。(東京の方はたくさんの人に埋もれている感がある・・・とお話されていました)

逆にデメリットは、上記の通りすぐに目立ってしまうため、「女性は目立ってはいけない」などの慣習などにより、家族や親戚に知られないようにしているなどの苦労もあるようです。

5)質疑&交流タイム

おふたりの話を聞いて、湧いてきたギモンや自分の活動に具体的にどう生かしていけばいいの?ということを知るために質問タイムへ。

また、参加者の方の事例や、勉強会で感じたことについて話したりなど、質疑をしながらもゆるやかな交流タイムに移ります。

「コンテンツの作り方を知りたい」、「使っている発信媒体を知りたい」、「おすすめのマッチングサービスを知りたい」、「委員への応募の仕方は?」などなど、たくさんの質問をいただき時間が足りなくなるぐらい、たくさんの話題で盛り上がりました。

頂いた質問をふまえて、今後もこのような勉強会を企画していきたいと思います。

6)参加者の声

「知らなかったたくさんの話を聞けて、自分ができることがもっとあると気づいた」

「1対1のカウンセリングをしなければいけないということにこだわっていたことに気づいた」

「過去の経験が生かせることがあるとわかった」

などなど・・・たくさんの気づきを得てくださったようで、あっという間の2時間でした。

参加してくれた方も、感想をツイートくれています。


事例を話してくれた、鎌田さん、齋藤さんもこんなツイートをしてくれました。登壇者の方にとっても学びの多い時間となったようです。

(最後に東京会場で集合写真をパチリ)

以上レポートでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます!

======================
今後もキャリコン・ラボでは「独立系キャリコン勉強会」を開催していく予定です。メールマガジンやTwitterから情報配信を行っていますので、ぜひ登録やフォローをお待ちしています^^

●メールマガジン登録はこちら

●キャリコン・ラボTwitterはこちら