【開催レポート】オンラインキャリコン交流会#2を開催しました

12月11日(水)15時より、
キャリコン・ラボ主催による「オンラインキャリコン交流会」を実施しました。

オンラインキャリコン交流会は、
もっと気軽に、キャリコン同士情報交換ができたら、という想いで開催しています。

今回は偶然にも、茨城県、栃木県というお隣県同士の3人が集まり、交流を深めつつも、具体的な実践例をシェアしあう濃い時間となりました。

どんな時間だったのかについてレポートしたいと思います。

まずは自己紹介

初めて会う人同士、かつ限られた時間なので楽しくスムーズに交流が進むよう、自己紹介はゲーム方式で。

簡単に楽しくお互いのことを知ることができるので、「人前で話すと緊張してしまいがち!」とおっしゃる方にも、楽しんで自己紹介をしていただけたようでした!

和やかな雰囲気で、交流がスタートします。

どんな方が参加したの?

今回は、

・副業でキャリア支援活動をしながら、地域のキャリコン勉強会を切り盛りする方
・これまで自己流でキャリア支援活動をしており、改めて知識を学びより良い支援活動がしたいという方(なんと週末に試験の合格発表を待つばかり!)

にご参加いただきました。

これからキャリア支援活動を本格化させていきたい、という状況の方々だったので、どうやって活動をスタートさせていけばいいかや、スキルアップの仕方、コンテンツの作り方などに関心を持たれていました。

キャリア支援についての話題はもちろん、自分自身のキャリアやスキルアップについての話題を通じてたくさんの情報交換ができました。

コンテンツの作り方についての実例や、参考書籍のご紹介なども。

最も盛り上がった話題は・・・

今回はこれから活動を広げていきたいという方々だったので、話題の中心は「どうやって日々キャリア支援者としてのスキルを磨いていくか」ということ。

参加者の方が話していたのは、

・たわいない会話の中でも、相手の主訴にフォーカスするようにしている
・自分自身が挑戦することを大切にしている
・できるだけ感情が揺れる体験をするようにしている

など・・・

更新講習の効果的な活用のしかたなどの話もしましたが、それ以上に「キャリアは人生そのもの」。そのため、支援者である私達自身が充実した人生を歩んでいることが大切であり、そのために何をすべきか、という濃く深い話をした時間となりました。

最後に

最後は、今日の交流会をふまえて自分が思う「キャリコンとして大切にしたいこと」を漢字一文字で表すことに。

「感」「現」・・と、それぞれが今感じている想いを漢字で表していただきました。

「感」という字には、自分自身が様々な感情を感じられるよう、挑戦し続けたい。そして、クライエントの感情を大切にしたいということ。

「現」という字には、自分らしいキャリアを実現する体現者でありたいということ。

そんな想いをお話しいただき、交流会は幕を閉じました。

「1人では気づけなかった、悩みの解決策がわかった!」
「普段こういう話をする機会がないので、楽しみながらもとてもためになった!」

などの声をいただき、有意義な時間と感じていただき何よりです。

今日もあっという間の1時間で、
素敵なキャリコンの方々と有意義な時間が過ごせたことを感謝いたします。

以上、オンラインキャリコン交流会のレポートでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!


======================
今後もキャリコン・ラボでは様々なイベントを開催していく予定です。
メールマガジンやTwitterから情報配信を行っていますので、ぜひ登録やフォローをお待ちしています^^

●メールマガジン登録はこちら

●キャリコン・ラボTwitterはこちら