キャリアコンサルタントとして独立するには?

キャリアコンサルタントとして独立するにはどうしたら良いのでしょうか?

キャリアの理論や、キャリアカウンセリングの技法をひたすら学べばよいのでしょうか?

それとも、独立や起業にあたってのビジネス知識を学べば良いのでしょうか?

 

私が考える「キャリアコンサルタントとして独立する方法」は

どちらも学ぶです。

つまり、

  • キャリアカウンセリングについても
  • ビジネスについても

両方学ぶ必要がある、と思っています。

 

それは、私自身がたった一人でキャリアカウンセラーとして独立した経験、

キャリアカウンセラーとして経済的にも自立できる収入を得た経験から感じるものです。

 

キャリアカウンセリングとは?

キャリアカウンセリングとは何でしょうか?

JCDA(特定非営利活動法人日本キャリア開発協会)では下記のように定義しています。

【キャリアカウンセリングの定義】

キャリアカウンセリングとは、発達的視点に立って、成長と適応という個人の積極的側面に強調点を置き、個人が環境の中で効果的かつ自律的に機能できるように支援すること。自己概念の開発を通してキャリア形成を図ること。

・・・正直、ちょっと分かりにくいですね。

私はこれをシンプルに言えば、

お客様の「変わりたい」という思いを支援すること、と理解しています。

そのために、キャリアカウンセリングを通して、

お客さまの自己概念を把握したり、お客さまの理想の自己概念を一緒に考えるのが

キャリアカウンセリングの目的だと考えています。

 

キャリアコンサルタントに必要なビジネス知識!?

キャリアコンサルタントとして働きたい、

さらにはキャリアコンサルタントとして独立を考えているのならば

まずは避けて通流ことの出来ない、大事なビジネスの要素があります。

 

それは、「お客さまに出会う」ということです。

お客さまに出会うことができなければ、

キャリアカウンセリングをすることもできません。

誰かのキャリアを支援したい、という夢に近づけないのです。

その「お客さまに出会う」とはどういうことなのか?

そのためにどのような工夫をビジネスの観点からすれば良いのか?

下記の動画レッスンで詳しくお伝えしていますので、どうぞご登録くださいね。