キャリア支援者としての”理想の姿”を決めよう

 

この「キャリコンラボ.net」のサイトをご覧になっている方の中には、

キャリア支援に対して強い思いを持って、

たとえ今、その仕事についていなかったとしても、

将来的にキャリアコンサルタントとして新たなキャリアを、と

考えていらっしゃる方も多いかと思います。

 

皆さまは、キャリアコンサルタントとしての”理想の姿”を

どのように描いていますか??

 

・資格試験に合格できるのだろうか?

・キャリアコンサルタントとして仕事ができるのだろうか?

・独立の夢もあるけれど、そんなことできるのだろうか?

などなど思っていませんか?

 

不思議なことに不安なことばかり思っていると、

その結果にしかなりません。

 

一見、元気な自分を装って試験に挑んだとしても、

キャリア支援者として仕事をつかめたとしても、

どこかに不安な自分が見え隠れするものです。

 

だからこそ、

「自分がどんなキャリアコンサルタントになりたいのか?」

という「理想の姿」を決めることが大切です。

まさに、

キャリアコンサルタントとしての”自己概念” を明らかにしよう!

と言い換えることもできますね。

(”自己概念”とは、自分で自分のことをどのようにとらえるか? という

キャリアカウンセリング、キャリア理論の根幹とも言える概念のことです。)

 

それに、

クライエント(お客さま)にしてみたら、

キャリアの相談をする相手がキャリアに迷っていると知ったら、

どうでしょうか・・・?

 

ぜひこのサイトや下記の動画レッスンを通して、

キャリアコンサルタントとしての”理想の姿”を

自由に描いてみることをおすすめします!

 

そしていつの間にか、描いた通りの理想の自分、

理想のキャリアコンサルタントになっている日が来ることを祈っています。

 

キャリアコンサルタントとしての自己概念、理想の姿、については

下記の動画レッスンでもお伝えしています。ぜひご登録ください!