キャリコンラボ.net 主催の岩橋ひかりです。

今日は、キャリアコンサルタントとして独立する夢をお持ちのあなたへ、
「真のキャリア」を考えること、についてお伝えします。

「起業」の前に考えたいこと

ここ数年の空前の起業ブームもこのところ少し落ち着いてきたのかな、と感じています。

「起業だけが答えじゃない」と、私は常々思っているのですが、

一方で、起業、独立に解を求め、辛く感じている人も多いように感じますね。

起業に解を求める前に、「自分がどんなキャリアを歩みたいのか」
・・・それを考える方が先決です。

そう、自分がどんなキャリアを歩みたいのか。

「キャリア」というと、仕事や職業だけのことを指しているように感じてしまいますが、
キャリアの勉強をされた方はよくご存知の通り、キャリアというのは、人生そのもの。

キャリアを考えるというのは、自分がどのような人生を歩みたいのかを考えるということ。

つまり、人生そのものを考えることなのです。

仕事だけでなく、自分が社会において、人生の中でどのような役割を果たすのか。

例えば、職業人として、母親として、パートナーとして、子どもとして、地域の一員としてなど、
様々な役割がありますが、それぞれの立場でどのような役割を果たしたいのか。

それぞれにどう強弱をつけて、どうバランスをとるのか。

そして、それらを考えるときに、何を重視するのかは、人それぞれの価値観によるので
「良いキャリア」というような絶対的なものは存在しません。

自分にとっての良いキャリアというのは、自分で考えて自分で定義するしかなくて、

キャリアを考えるというのは、自分らしい人生とは何なのか?を考えるという、
ある意味、自分探し的なことでもあります。

 

理想のキャリアに近づく最短ルートとは?

自分探し・・・というと、なんだか若者のモラトリアム的な感じで、
いい大人がそんなこと言ってる場合じゃないよ・・・と思うかもしれませんが、

結婚、出産など、ライフステージの節目に直面したり、人生や仕事の環境・状況が激変するフェーズにおいては、
必要な自分探しをしなければならないのです。

いつか、そのうちに、と言っている間に、日常の家事や仕事に追われて、
あっという間に時間は過ぎ去ってしまいます。

あとで、しまった!!と後悔しても、時間は取り戻すことができませんので、
忙しい日常の中でも、少し立ち止まって、自分の人生、つまりキャリアについて考えることが、

結果、理想のキャリアに近づく最短ルートだったりするわけです。

・・・と、熱く語ってしまいましたが、
そんな想いで、ライフステージの節目に直面する女性向けに、
さらには、キャリアに迷うキャリアコンサルタント向けに、キャリア支援をしたい、
と思っている次第です。

キャリアコンサルタントとしての「真のキャリア」を考えたい、という方は
ぜひ下記の14日間無料動画レッスンで、キャリアコンサルタントとしての自己概念を考えて行きましょう!